映画 白石晃士 邦画ホラー

【貞子vs伽椰子】呪いvs呪い!悪霊vs悪霊!遂に夢の対決!!

映画

おすすめホラー映画「貞子vs伽椰子」の感想・レビューです。

2016年に公開された「貞子vs伽椰子」の監督は「カルト」の白石晃士。

タイトルの通り、ジャパニーズホラーを代表するあの二大巨頭、貞子と伽椰子が対決するまさか!の”夢の対決”ホラー映画です。

作品名:貞子vs伽椰子
公開:2016年6月18日
監督:白石晃士
キャスト:山本美月、玉城ティナ、安藤政信、菊地麻衣、甲本雅裕、田中美里、七海エリー、遠藤留奈、芝本麟太郎、堂免一るこ

呪いには呪いをぶつけろ!

女子大生の倉橋有里は、親友から両親の結婚式のビデオのダビングを頼まれる。リサイクルショップで中古のビデオデッキを購入したのだが、デッキには謎のビデオテープが入っていた。親友が見てしまったそのビデオは、見ると電話がかかってきてその2日後に必ず死ぬという”呪いのビデオ”だった。
二人は都市伝説の研究家でもある大学教授に相談し、霊媒師に除霊してもらうことになる。
しかし、除霊は失敗。大学教授、霊媒師たちは命を落とす。
有里は親友を救おうと、自らビデオを見て呪いにかかってしまう。

一方、入ると必ず死を遂げるという、”呪いの家”の向かいに引っ越してきた女子高生の高木鈴花。
引っ越して以来、怖い夢を見たり、学校でも”呪いの家”の噂を聞いて、向いの家が気になるようになる。
ある夜、”呪いの家”の中に小学生がいるのを目撃した鈴花は、家の中に入ってしまう。

有里の除霊を引き継いだ霊能者・常盤経蔵と助手の少女・珠緒は、”ビデオ”と”家”の呪いを激突させることで、呪いを相殺しようと、”呪いの家”に向かう。
すでに”家”の呪いにかかっていた鈴花も加わり、有里と鈴花は”呪いの家”で”呪いのビデオ”を再生する。
そして、遂に呪いの元凶である 貞子 伽椰子が相まみえる――

映画だけじゃない!SNSやコラボ動画も必見!

ジャパニーズホラーを代表する二大巨頭、”呪いのビデオ”――「リング」シリーズの山村貞子と、”呪いの家”――「呪怨」シリーズの佐伯伽椰子が、遂に念願の対決を果たしました!!

プロモーションも趣向を凝らしていて、どちらが勝つのか予想する「総選恐」が開催されました。貞子さんはツイッター、伽椰子さんはインスタグラムで「選恐活動」していました。政見放送動画もかなりの完成度!本物の政見放送みたいです(笑)
他にも、ワ〇ダーコアとのコラボ動画や、映画観賞の注意点などを貞子、伽椰子をいじりながら紹介する劇場用CMもあります。
映画の公式サイトも遊び心満載なので、覗いてみると楽しいですよ。

しかも監督・脚本を担当したのは、映画「カルト」の白石監督!
またもや、あくの強い霊能者が出てきます。

呪いを解くために、呪いをぶつけるという攻めの姿勢で除霊に挑むところが見どころですね。
霊媒師の除霊シーンも迫力がありますが、今回の主役はやはり貞子と伽椰子。挑発し合いながらのガチバトルを繰り広げます。
一体どっちが勝つのか……興味がある方はぜひ!
今後が気になる方がいるんで、続編あれば喜んで見ます(笑)

 


作品によりますが、Amazonプライムビデオで視聴できる場合もありますので、無料体験がおすすめです。
Amazonプライム【無料体験】

Amazonプライムビデオ【貞子vs伽椰子】

Amazonプライムビデオ【貞子vs伽椰子 特別映像】

※プライム配信が終了している場合もあります。その際は大変申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。少し期間をあけて再配信されることもありますよ。

タイトルとURLをコピーしました