小説 グロ 最東対地

【最東対地/えじきしょんを呼んではいけない】島の伝承!ガスマスクのアレに溶かされる!!

小説

おすすめホラー小説「えじきしょんを呼んではいけない」の感想・レビューです。

最東対地さんの長編ホラー小説です。
デビュー作「夜葬」や「#拡散忌望」も独創的な怪異と文明の利器が組み合わさった物語でしたが、今作もそのあたり健在です。

音声検索から呼び出された”えじきしょん”が、次々と人を溶かしていくノンストップホラー。ガスマスクというビジュアルも独創的。

作品名:えじきしょんを呼んではいけない
著者:最東対地
発行日:2018年07月24日
発行元:KADOKAWA

神出鬼没のガスマスク

以前バイトしていた店の仲間たちと、とある島に旅行に行った住谷秋乃。
旅行に行って以来、不気味な存在に脅かされていることをフリーライター・京本陽介に語り始める。

えじきしょん”と島の住人が呼ぶ怪物は、ガスマスクを被り、謎の液体を浴びせかけて人を溶かすのだという。
旅行に行った仲間の一人は怪談やオカルトに興味があり、”えじきしょん”を音声検索した。
すると、音声検索はこう答えた。
「えじきしょんを呼び出しました」と――

旅行からは無事帰ったものの、仲間の一人は失踪。
やがて、秋乃の前にもガスマスクを被ったアレが現れて――

音声検索から始まる逃亡劇

最東さんのデビュー作「夜葬」はスマホのナビ、「#拡散忌望きぼう」はツイッターなど、現代では身近なシステムと怪異が組み合わさって襲ってきます。

今作の”えじきしょん”は音声検索から呼び出され、様々な条件が満たされた時に現れて人を溶かします。

何がトリガーになっているのか、どうすれば解除できるのか。
主人公たちはガスマスクに脅え、条件がいつ発動するかに脅え、それでも解除方法を探します。
仲間たちは次々と溶かされ、行方不明になってしまいます。

そして、恐ろしいのは怪異だけではなくて――

”えじきしょん”という音の響きも良いですね。
名前からどんなものなのか想像がつかない怪異ですし、耳や脳内に残る単語です。

ファンの方ならテンションが上がるポイントとしては、「最恐スポットナビ」と”どんぶりさん”の話がちらっと出てくるところ。
まさか、”どんぶりさん”と”えじきしょん”が同じ本に掲載されていたとは(笑)
「最恐スポットナビ」には他にも何かありそうですね。

「最恐スポットナビ」と”どんぶりさん”は「夜葬」に登場しますので、興味がある方はこちらもお楽しみください。

【最東対地/夜葬】突然の文字化けメッセージとナビ起動!止められない強烈怪異の猛追!!
おすすめホラー小説「夜葬」の感想・レビューです。最東対地さんのデビュー作で、第23回日本ホラー小説大賞<読者賞>受賞作です。”どんぶりさん”という強烈な怪異が次々と人々を恐怖の渦に突き落とす、疾走感溢れる”不快系”ホラー。最東対地さんの他作品「#拡散忌望」「えじきしょんを呼んではいけない」「怨霊診断」「おるすばん」も不快系ではかなりのもの。不快感を楽しみたい方は是非。


作品によりますが、Amazon Kindle Unlimitedで読むことができる場合もありますので、無料体験がおすすめです。
Kindle Unlimited【無料体験】

※Kindle Unlimited配信が終了している場合もあります。その際は大変申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。少し期間をあけて再配信されることもありますよ。

タイトルとURLをコピーしました