小説 グロ 小林泰三

【小林泰三/肉食屋敷】村はずれの研究所!復元されたおぞましき古生物!!

小説

おすすめホラー小説「肉食屋敷」の感想・レビューです。

小林泰三さんの中編ホラー集で単行本、文庫版があります。

「肉食屋敷」「ジャンク」「妻への3通の告白」「獣の記憶」が収録されています。

作品名:肉食屋敷
著者:小林泰三
発行日:2000年09月08日
発行元:KADOKAWA

あらすじ

  • 「肉食屋敷」
    村役場に務める”わたし”。ある日、村はずれにドラム缶を積んだトラックが置きっぱなしになっていると聞き、その場所を訪れた。
    そこは”小戸”という資産家の持つ山だった。
    小戸氏は小さな研究所を作って、ずっとこもっているという。
    研究所のドアの横、壁の一部が盛り上がって耳たぶの形になっており、その下には半開きになった唇があった。
    ”わたし”は研究所に足を踏み入れるが、そこで恐ろしい体験をすることになる――
  • 「ジャンク」
    男は故障した”人造馬”を修理するため、”スクラップ屋”を探して村に入った。
    新鮮な若いハンターの死体が売れれば、修理代にもなるだろう。
    男はハンターキラーだった。ハンターたちは無抵抗な子供など、人間を殺して売っている。
    ハンターキラーは村のはずれにある”ジャンク屋”を訪ね、死体の買い取りと”人造馬”の修理を依頼する。
    しかし、”人造馬”の損傷は激しく、ちゃんとした”スクラップ屋”に行くしかなさそうだ――
  • 「妻への3通の告白」
    妻宛のラブレター。男は癌に侵され、手紙を綴った。
    しかし、男は友人が妻を口説いている光景を思い出す。
    他にも2通、手紙があった。
    ひとつ前の手紙には、友人と妻を巡って喧嘩したことが書かれていた。その友人は男の妻との結婚写真を持っていた。
    さらに、古い手紙へと遡るように読んでいくと――
  • 「獣の記憶」
    目を覚ました男は、部屋に充満する血の匂いに気づく。
    またあいつが何かしたのか……
    「通信用ノート」にはあいつからのメッセージが残されていた。
    この「通信用ノート」だけが、男と”あいつ”の唯一の交信手段なのだ。
    だって、男は多重人格なのだから――

読み応え抜群の作品集!

小林泰三さんの作品は、SFホラーといった作風です。
クトゥルフ神話がお好きなようで、邪神の名前のような単語や言語が出てくる作品が結構あります。

  • 「肉食屋敷」はクトゥルフ神話っぽいですね。
    不気味な研究所で復元された古生物は何だったのか……
    一人で行くのは嫌な場所です(笑)
  • 「ジャンク」はサイバーパンク風でかっこいいです。
    あの世紀末漫画をちょっと彷彿とさせますね。
    なんとなくマッドマックスな服装を思い浮かべてしまいます。
  • 「妻への3通の告白」は、男性の独白的な物語です。
    新しいものから過去の手紙の順に記されていき、最初の手紙で真相が明らかになります。
    興味を引く構成がたまりません。
  • 「獣の記憶」は多重人格ものです。
    が、捻りがありますので、後半驚きが待ち受けていますよ。

小林泰三さんは結構グロくて、難解で、SF要素のあるホラーが醍醐味です。
予想をひっくり返す巧みで爽快な物語を楽しんでください。

【小林泰三/玩具修理者】壊して直す!なんでも直す!おもちゃだけでなく……
おすすめホラー小説「玩具修理者」の感想・レビューです。小林泰三さんのデビュー作で、第2回日本ホラー小説大賞〈短編賞〉受賞作「玩具修理者」を収録した短編小説集です。受賞作「玩具修理者」と「酔歩する男」が収録されています。AmazonではAudible(オーディブル)版もあります。「玩具修理者」はノスタルジックな雰囲気漂う、グロテスクなホラー作品。「酔歩する男」はタイムトラベルをテーマとしたSFホラーです。
【小林泰三/人獣細工】繰り返される臓器移植!ドナーはブタ!!
おすすめホラー小説「人獣細工」の感想・レビューです。小林泰三さんの中編ホラー集で単行本、文庫版があります。「人獣細工」「吸血鬼狩り」「本」が収録されています。小林泰三さんは結構グロくて、難解で、SF要素のあるホラーが醍醐味です。予想をひっくり返す巧みで爽快な物語を楽しんでください。
【小林泰三/家に棲むもの】もうひとりいる!?王道路線の家系ホラー!!
おすすめホラー小説「家に棲むもの」の感想・レビューです。小林泰三さんの短編ホラー集で、「家に棲むもの」「食性」「五人目の告白」「肉」「森の中の少女」「魔女の家」「お祖父ちゃんの絵」が収録されています。小林泰三さんは結構グロくて、難解で、SF要素のあるホラーが醍醐味です。予想をひっくり返す巧みで爽快な物語を楽しんでください。
【小林泰三/脳髄工場】頭にぶっ刺す人工脳髄!矯正される自由意志!!
おすすめホラー小説「脳髄工場」の感想・レビューです。小林泰三さんの短編ホラー集で、「脳髄工場」「友達」「停留所まで」「同窓会」「影の国」「声」「C市」「アルデバランから来た男」「綺麗な子」「写真」「タルトはいかが?」が収録されています。「影の国」は2003年「世にも奇妙な物語 春の特別編」で映像化されています。小林泰三さんは結構グロくて、難解で、SF要素のあるホラーが醍醐味です。予想をひっくり返す巧みで爽快な物語を楽しんでください。
【小林泰三/臓物大展覧会】グロテスクな展覧会!九つの臓物を飲み込め!!
おすすめホラー小説「臓物大展覧会」の感想・レビューです。小林泰三さんの短編ホラー集です。タイトルからして超攻撃的ですね。ラインナップもなかなかですよ。「透明女」「ホロ」「少女、あるいは自動人形」「攫われて」「釣り人」「SPR」「十番星」「造られしもの」「悪魔の不在証明」が収録されています。あなたは間違えて訪れた町で、奇妙な看板を見つける。臓物大展覧会……展示されている肉のような塊。それらひとつひとつに物語があるというのだが――

作品によりますが、Amazon Kindle Unlimitedで読むことができる場合もありますので、無料体験がおすすめです。
Kindle Unlimited【無料体験】

※Kindle Unlimited配信が終了している場合もあります。その際は大変申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。少し期間をあけて再配信されることもありますよ。

タイトルとURLをコピーしました